出光アグリ株式会社

03-6848-6183(管理部)

使い方クラピア学習塾~クラピアは「いい子」~

2017年2月11日

クラピア商品HP

寒さが一段と増してきました。

某メーカーの某インナー商品が、肌身から離せません。

やがてそんな冬にも終わりがやってきて、春を迎えます!!

春といえば、、、そうです!桜の季節、

いや、皆様ご存知「クラピア」の季節です!!!

今回はそんなクラピアについてご紹介します。

←こちらがそのクラピア(S1品種)です。

 

そもそもクラピアは、雑草研究における日本の第一人者である、宇都宮大学の故倉持仁志先生が、沖縄在来のイワダレソウをベースに10年の歳月をかけて生み出した改良品種なのです。

★品種

S1品種は日本国内のイワダレソウ在来種同士を交配・選抜により改良し能力を高めた改良在来種です。S1品種をベースに品種改良を続けて生み出した品種が紫ピンク色の花が特徴のS2品種。S1品種をベースに耐寒性・耐病性・耐湿潤性を高めた品種がK5品種です。K5品種は薄いピンクの色をしています。簡単に言ってしまうと、クラピアは雑草の一種なんですね!!

 

どんなのがあるのかは分かったけど、クラピアの何がいいの?どこがいいの?となりますよね。

続いては特長ついてお話します。

 

特長

雑草を抑える!

維持管理コスト(手間)が少なく済む!

踏んでも大丈夫!

意図しないところに増えない!

そんなところでしょうか。では、順番に説明します。

 

雑草を抑える!

クラピアは、生育スピード(被覆)が速いという特長があります。

芝と比較すると、約10倍の速さで成長するなんてデータもあるのです。

全面に植栽しなくとも、スポットで植栽するだけで地面を覆ってくれる優れものです(平米4株推奨)。

全面に被覆することで、他から飛んできた種子を抑制してくれるのです!!

 

維持管理コスト(手間)が少なく済む!

芝のお手入れって大変ですよね。年に数回刈込みをして、肥料も撒いて、雑草をむしって、

暑いときには水を1日2回以上撒いて、根切りもできたらして、刈りカスもできればとって、、、

そこが芝の醍醐味ではあるのですが・・・。

しかし、うちの子(クラピア)は違います!!

年1~2回の刈込み、肥料も年1回以上、水やりを適度に、雑草をむしって。以上!!

大変いい子です。ただし、最低でもこれだけはしてあげてくださいね!

 

踏んでも大丈夫!

むしろ踏んでください!ドM体質なんです!!

適度に踏んであげる(踏圧をかける)ことによって、背丈がぐんと低くなりより緻密になります。

そうすることで、緑の絨毯に大きく近づくことでしょう!キーワードは「適度に」です。

 

意図しないところに増えない!

うちの子(クラピア)は、なんと種子をつけません。

つまり、家出(他の敷地に侵出)しないのです!!なんていい子!!

クラピアは匍匐茎(ほふくけい:地面に這うように伸長する茎)で被覆をしていきますので、

他の区に進出してしまうときには、レンガなどのブロックを敷くか、カットしてあげてください。

※カットした植物は絶対に植栽地以外に放棄、移植しないでください。

 

以上クラピアの特長について、つらつらと書いてきました。

まだまだ書き足りないところもありますが、今回のところはこのあたりで締めさせていただきます。

 

何を言わんとするかと申しますと、つまりは「いい子」ってことなんです。

あくまで植物ですので、環境によっては思うようにならないこともあるかとは思いますが、ご理解いただければと思います。

 

次回も、特長などについてお伝えする予定です。写真も多く掲載できればと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。続きもまた是非ご覧ください。